【ヨーロッパ】リトアニアとはどんな国か?

【ヨーロッパ】リトアニアとはどんな国か?


こんにちは。

香川県高松市の㈲生道道路建設です。

日本ではおそらくマイナーな地域であるバルト三国をご存知でしょうか?

時期によっては、日本人はおろかアジア圏の人種の人を見る事さえ少ない地域です。

バルト三国は北から、エストニア、ラトビア、リトアニアの3国から成ります。

本日は、一番南のリトアニアについてご紹介します。

ぜひご覧ください。

 

正式名称

リトアニアの正式名称はリトアニア共和国で首都はヴィリニュスです。

リトアニアは共和制国家で、EU、NATO、OECDの加盟国です。

リトアニアもポーランドと同様に多くの戦争を経験しており、第一次世界大戦後の1918年にリトアニア共和国としてロシア帝国から独立。

その後、1940年にソビエト連邦から、翌1941年にドイツからも侵略を受けています。

その後、ソ連に再占領されれソ連の構成共和国の一つとなりましたが、ソ連崩壊に伴い1990年に独立を回復した国です。

 

面積

リトアニアの面積は65,200km2で世界120位です。

なお、日本の国土面積は約38km2で、世界で62位となります。

 

人口

人口は2018年時点で約281万人で世界130位あたりです。

一方、日本の人口は2017年で約12600万人です。

リトアニアの首都ヴィリニュスの人口も50万人程度なので、非常に人口の少ない国です。

リトアニアの一人当たりのGDPはEU内の平均よりかなり低く、2004年にEUに加盟した際に所得の高い国への移住が増加したようです。

首都ヴィリニュスの旧市街は世界遺産にも登録されており、非常に綺麗です。

土日でも、アジアのような人が密集しているわけではなく落ち着いた雰囲気の街並みです。

 

言語

リトアニアの公用語はリトアニア語です。

母国語以外では、人口の80%を超える人がロシア語を話すことができ、そのほか英語やポーランド語、ドイツ語を話すことができます。

何回も言いますが、先進国の中で日本ほど複数言語を話すことができない国は本当に珍しいです。

少なくとも、英語をある程度話すことができるようになることは必須です。

 

経済の動向

リトアニアは2004年にEUに加盟しており、国内ではユーロが流通しています。

現在、1ユーロは約126円です。

リトアニアのGDPは、2017年で約472億USDで、GDPの成長率は2017年で約3.8%です。

1人当たりのGDPは2017年で16,680ドルで、EU平均を大きく下回っています。

しかしながら、前回紹介したポーランドよりは少し上なので、意外に感じます。

その他をまとめます。

・国連の分類によれば、リトアニアは平均所得の高い国に位置付けられている

・しかしながら、EU内での平均所得は平均より半分程度

・貿易の多くはEU圏内で行われており、輸出は2009年で輸出の64%、輸入の59%が対EU諸国

・エネルギー部門の大規模な民営化が行われており、日本よりも進んでいる

・バイオテクノロジーやレーザー産業が盛んであり、知識集約型経済に移行してきている

・法人税は15%で、中小企業向けに5%の法人税が導入されている

・個人所得税は21%程度、消費税も21%

・鉱物資源にほとんど恵まれておらず、原油が採掘されるがその量は少ない

・近年では天然ガスの採掘が有望視されている

 

いかがでしたでしょうか?

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

お仕事のご依頼はこちらからお気軽にお問合せください。

電話番号: 087-874-6843

FAX:   087-874-6845

お問合せフォームはこちら

Researchカテゴリの最新記事