【コンクリート用素材】細骨材について

業務紹介

こんにちわ。

香川県高松市の㈲生道道路建設です。

コンクリートは、様々な素材によって構成されています。

本記事では、コンクリートを構成する素材のうちの1つである、『細骨材』について説明します。

ぜひ参考にしてください。

 

【コンクリート用素材】細骨材について

細骨材には、天然砂と人工砂に分類されます。

【天然砂】

川砂、山砂、海砂

【人工砂】

砕砂、高炉スラグ細骨材など

 

①選定・使用時の留意事項

・粒度、粒形、耐久性などから川砂が最も適しているが、良質な川砂の入手が困難な地域では、山砂や海砂あるいは、JIS規定に適合するコンクリート用砕石やコンクリート用スラグ骨材などを使用する

・細骨材は、単独で使用可能なものもあるが、一般的には粗粒のものと細粒のものとの混合砂として使用される。特に、スラグ細骨材の単独使用は避け、砕砂や天然砂などと併用して用いる必要がある

 

②細骨材の品質等の留意事項

・一般に、細骨材の粗粒率は2.2~3.3の範囲を標準とする。この範囲よりも細かいものを用いるとワーカビリティの変化が大きくなり、この範囲よりも粗いものを用いるとブリージング率が増加する傾向にある

・細骨材の粗粒率が、コンクリート配合設計時のものから0.2以上変化した場合は、配合の修正が必要になる

・細骨材は、清浄、強硬、耐久的で適度な粒度を持ち、ごみ、泥、有機不純物、塩分などを有害量含んでいてはならない

・細骨材の耐久性は、硫酸ナトリウムによる骨材の安定性試験方法によって試験を行い、損失質量が10%未満になるものを使用する

・細骨材の化学的安定性に関し、アルカリシリカ反応の懸念がある場合、使用の可否を判断する試験を行う

・コンクリート中に塩化物が多くあると、鋼材の腐食やアルカリシリカ反応が促進されるため、塩化物を含む砂を使用する場合は、コンクリート中の塩化物イオンの総量は0.3kg/m3以下となるようにする

 

 

以上です。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

お仕事のご依頼はこちらからお気軽にお問合せください。

電話番号: 087-874-6843

FAX:   087-874-6845

お問合せフォームはこちら