【インドネシアへの進出方法】現地企業と業務提携する方法

【インドネシアへの進出方法】現地企業と業務提携する方法

こんにちわ。

香川県高松市の㈲生道道路建設です。

前回、インドネシアに進出する方法のうち、M&Aにより進出する方法について紹介しました。

本記事では、3つ目の『現地企業と業務提携する方法』について説明したいと思います。

ぜひ参考にしてください。

 

 

【インドネシアへの進出方法】現地企業と業務提携する方法

繰り返します。

インドネシアへの進出方法としては大きく分けて3つあります。

①インドネシアにおいて新たに拠点を設立する方法

②既存の会社を買収する方法(M&A)

③インドネシアの既存の会社と業務提携する方法

 

 

インドネシアの既存の会社と業務提携する方法

現地企業との間で業務提携契約代理店契約ライセンス契約およびフランチャイズ契約等を締結することにより、間接的に現地に進出する方法がある。

 

メリット

投資資本を最小限に抑え、インドネシア市場へ進出できる

 

留意点

・相手方がいるため、相手方が信頼のおけるパートナーになりえるか

・現地の商習慣やマーケット調査についても、相手方がいるため直接現地拠点を置く場合よりも情報収集が間接的になる

 

リスクを最小限に抑えることができることを考慮すると、本格進出の準備段階として現地企業との業務提携により進出する方法は一考に値するとのことです。

一定の類型の契約(フランチャイズ契約等)については、インドネシアの監督官庁に登録を行う必要があるため、注意が必要です。

 

↓インドネシア現地で新たに拠点を設立する方法

 

 

↓M&Aにより進出する方法

 

 

 

以上です。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

お仕事のご依頼はこちらからお気軽にお問合せください。

電話番号: 087-874-6843

FAX:   087-874-6845

お問合せフォームはこちら

Researchカテゴリの最新記事