舗装用石油アスファルトについて

舗装用石油アスファルトについて

こんにちわ。

香川県高松市の㈲生道道路建設です。

アスファルトについて最近は深堀してます。

本記事では、舗装用石油アスファルトについて説明します。

ぜひ参考にしてください。

 

舗装用石油アスファルトについて

舗装用石油アスファルトの針入度は40~120です。

一般的な針入度による用途の区分と品質規格は下記の通りです。

用途 針入度
一般地域 通常の場合 60~80
交通量が多い場合 40~60
積雪寒冷地域 通常の場合 80~100
耐流動対策が特に必要な場合 60~80
低温地域 温度ひび割れが特に予想される場合 100~120

 

 

針入度

針入度はアスファルトのコンシステンシー(やわらかさ)を表すもので、試験針をアスファルト面に5秒間押し付けて貫入量を測定する。

針入度と流動性の大小は比例する。

 

積雪寒冷地域では、一般に針入度80~100のアスファルトを用いますが、耐流動対策を施す際は、針入度60~80のものや改質アスファルトを用います。

また、舗装用石油アスファルトの品質規格試験項目には、針入度、軟化点、伸度等があります。

 

 

以上です。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

お仕事のご依頼はこちらからお気軽にお問合せください。

電話番号: 087-874-6843

FAX:   087-874-6845

お問合せフォームはこちら

 

業務紹介カテゴリの最新記事