舗装の設計条件に必要な調査項目について

業務紹介

 

こんにちわ。

香川県高松市の㈲生道道路建設です。

本記事では、舗装の設計条件に必要な調査項目について説明します。

 

舗装の設計条件に必要な調査項目について

設計を行う前に、設計条件(路面設計条件・構造設計条件など)を明確にしておく必要がある。

設計条件を設定するために必要な調査の項目を示す。

 

設計条件の設定に必要な調査項目

交通状況

調査区分 調査項目 調査結果の利用
交通量 ・総交通量

・大型車交通量、小型貨物車交通量

・輪荷重、換算輪数

・車輪走行位置分布

舗装の設計期間

舗装計画交通量の設定

交通主体 自動車、自転車、歩行者 舗装構造の設計

路面構成材料の設計

 

道路状況

調査区分 調査項目 調査結果の利用
路床 ・路床の支持力特性

・地下水位

舗装構造の設計

構築路床の設計

排水構造の設計

気象 気温 凍結深さの算出

混合物の弾性係数の設定

舗装各層内の温度分布の推定

道路区分 道路の区分 疲労破壊輪数

塑性変形輪数の設定

 

 

 

以上です。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

お仕事のご依頼はこちらからお気軽にお問合せください。

電話番号: 087-874-6843

FAX:   087-874-6845

お問合せフォームはこちら

 

↓弊社業務の施工事例です。

 

↓弊社HP