石油アスファルト乳剤について

石油アスファルト乳剤について

こんにちわ。

香川県高松市の㈲生道道路建設です。

アスファルト乳剤は、アスファルト舗装時に路盤の保護や路盤とアスファルト混合物との接着の役目を果たします。

本記事では、石油アスファルト乳剤について説明します。

ぜひ参考にしてください。

 

石油アスファルト乳剤について

石油アスファルト乳剤は、石油アスファルトを界面活性剤などで水中に分散させたものです。

 

石油アスファルト乳剤の種類と用途

種類 用途
浸透用乳剤 表面処理(シールコート、アーマーコート)、プライムコート、タックコート
混合用乳剤 常温混合物
セメント混合用乳剤 セメント・瀝青安定処理工法

 

石油アスファルト乳剤の品質規格については、比較的よく目にするので覚えておいて損はないでしょう。

石油アスファルト乳剤の品質規格

種類 エングラード(25℃) 針入度(25℃) 主な用途
PK-1 3~15 100を超え200以下 温暖期浸透用および表面処理用
PK-2 150を超え300以下 寒冷期浸透用および表面処理用
PK-3 1~6 100を超え300以下 プライムコート用およびセメント安定処理層養生用
PK-4 60を超え150以下 タックコート用
MK-1 3~40 60を超え200以下 粗粒度骨材混合用
MK-2 60を超え200以下 密粒度骨材混合用
MK-3 60を超え300以下 土混じり骨材混合用
MN-1 2~30 60を超え300以下 セメント・アスファルト乳剤安定処理混合用

 

補足

・Pは浸透用乳剤

・Mは混合用乳剤

・Kはカオチン乳剤

・Nはノニオン乳剤

を表し、この4つの組合せで表示

 

使用時の留意事項

①石油アスファルト乳剤は、温度、湿度などの気象条件により分解速度が異なるため、使用にあたって施工方法を検討する

②石油アスファルト乳剤は、凍結すると粒子が分離・沈殿するため、冬期においては屋内貯蔵とするシートなどで覆い凍結を防止する

③製造後60日を超えたものは、品質を確認してから使用する

 

 

以上です。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

お仕事のご依頼はこちらからお気軽にお問合せください。

電話番号: 087-874-6843

FAX:   087-874-6845

お問合せフォームはこちら

 

業務紹介カテゴリの最新記事