再生舗装用の素材および材料について(舗装発生材)

再生舗装用の素材および材料について(舗装発生材)

こんにちわ。

香川県高松市の㈲生道道路建設です。

地球環境問題が大きくなりすぎている現在、また循環型社会の形成はもはや必須な状況の中、舗装発生材はもとより、他産業廃棄物発生材なども積極的に有効利用することが必要です。

本記事では、舗装発生材について説明します。

 

再生舗装用の素材および材料について

舗装発生材の概要

舗装発生材とは、建設工事に伴って舗装から発生した副産物をいいます。

舗装発生材には、アスファルトコンクリート発生材、セメントコンクリート発生材、路盤発生材があります。

また、上記の3つの発生材(舗装発生材)を破砕・分級した骨材をそれぞれ、アスファルトコンクリート再生骨材、セメントコンクリート再生骨材、路盤再生骨材といいます。

 

アスファルトコンクリート発生材 → アスファルトコンクリート再生骨材

表層・基層のアスファルト混合物、アスファルト安定処理路盤などの発生材を分級したものが、アスファルトコンクリート再生骨材となる

 

セメントコンクリート発生材 → セメントコンクリート再生骨材

コンクリート舗装や一般建設系コンクリートから発生するセメントコンクリート塊を破砕し分級したものが、セメントコンクリート再生骨材となる

 

路盤発生材 → 路盤再生骨材

路盤から発生する砕石、クラッシャラン、粒度調整砕石などの発生材を必要に応じて、破砕・分級して製造したものが、路盤再生骨材となる

 

 

以上です。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

お仕事のご依頼はこちらからお気軽にお問合せください。

電話番号: 087-874-6843

FAX:   087-874-6845

お問合せフォームはこちら

業務紹介カテゴリの最新記事