再生舗装用素材の種類について

再生舗装用素材の種類について

こんにちわ。

香川県高松市の㈲生道道路建設です。

地球環境問題から、再生用の素材や材料を使用することが必須な時代となっています。

再生舗装用素材には

・再生骨材

・再生用添加剤

・新アスファルト

・再生アスファルト

・補足材

・安定材

などがあります。

本記事では、上記について紹介します。

ぜひ参考にしてください。

 

再生舗装用素材の種類について

再生骨材

再生骨材は、アスファルトコンクリート再生骨材、セメントコンクリート再生骨材、路盤再生骨材の総称です。

 

アスファルトコンクリート再生骨材

アスファルトコンクリート再生骨材は

・再生加熱アスファルト混合物

・再生加熱アスファルト安定処理路盤材料

の骨材として使用されます。

また、アスファルト混合物層の切削材は、アスファルトコンクリート再生骨材の品質に適合するものであれば、再生加熱アスファルト混合物に利用できます。

 

セメントコンクリート再生骨材

セメントコンクリート再生骨材は、セメントコンクリート発生材を破砕、分級したものです。

アスファルトコンクリート再生骨材、路盤再生骨材などとともに、再生路盤材料を構成する一部となります。

 

路盤再生骨材

路盤再生骨材は、路盤発生材を必要に応じて、破砕、分級して製造したものです。

アスファルトコンクリート再生骨材、セメントコンクリート再生骨材などとともに、再生路盤材料を構成する一部となります。

 

再生用添加剤

旧アスファルトの針入度などの性状を回復させる目的で添加するものを言います。

再生加熱アスファルト混合物を製造する際、または路上表層再生工法の際に添加します。

 

新アスファルト

再生加熱アスファルト混合物を製造する際に、新たに用いる舗装用石油アスファルトのことを言います。

 

再生アスファルト

旧アスファルトに新アスファルトおよび再生用添加剤を単独または組合せて添加調製したアスファルトのことを言います。

 

補足材

再生舗装用材料を製造する際に、品質改善のため、再生骨材などに加える新しい骨材のことを言います。

砕石、砂、石粉など

 

安定材

再生路盤の耐久性や舗装の支持力などを向上させるために添加するものを言います。

セメント、石灰、アスファルト乳剤など

 

 

以上です。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

お仕事のご依頼はこちらからお気軽にお問合せください。

電話番号: 087-874-6843

FAX:   087-874-6845

お問合せフォームはこちら

 

業務紹介カテゴリの最新記事