【土木工学】土質調査について(原位置試験)

業務紹介

こんにちは。

香川県高松市の㈲生道道路建設です。

土木の基礎は土質で、様々な構造物は土の上に建てられるからです。

構造物が建設される場所の土質が悪ければ、構造物に悪影響が出るのは言うまでもありません。

そこで本日は土質調査について諸々紹介したいと思います。

 

土質調査とは

土質調査とは、各種構造物の設計・施工に必要な地質や土の性質を調べることを言います。

土質調査は、原位置(施工現場)で行う原位置試験と室内で行う土質試験に大別されます。

 

原位置試験

主な原位置試験

①標準貫入試験

試験から求められるもの: N値、土試料の採取

試験結果の利用例: 土の硬軟、締まり具合、土層構成の判定

 

②ポータブルコーン貫入試験

試験から求められるもの: コーン指数

試験結果の利用例: トラフィカビリティの判定

 

③オランダ式二重管コーン貫入試験

試験から求められるもの: コーン指数

試験結果の利用例: 土の硬軟、締まり具合、土層構成の判定

 

④スウェーデン式サウンディング試験

試験から求められるもの: 静的貫入抵抗

試験結果の利用例: 土の硬軟、締まり具合、土層構成の判定

 

⑤ベーン試験

試験から求められるもの: せん断強さ

試験結果の利用例: 安定解析や支持力の計算

 

⑥平板載荷試験

試験から求められるもの: 地盤反力係数 K値

試験結果の利用例: 構造物基礎の設計、舗装の設計、盛土の施工管理

 

⑦現場密度試験(単位体積質量試験)

試験から求められるもの: 湿潤密度、乾燥密度、含水比

試験結果の利用例: 締固めの施工管理(路床、路盤、土構造物など)

 

⑧現場CBR試験

試験から求められるもの: CBR値

試験結果の利用例: 舗装厚の設計

 

⑨現場透水試験

試験から求められるもの: 透水係数 k

試験結果の利用例: 地下掘削時の湧水量・水位低下量の算定

 

いかがでしたでしょうか?

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

お仕事のご依頼はこちらからお気軽にお問合せください。

電話番号: 087-874-6843

FAX:   087-874-6845

お問合せフォームはこちら