時事通信

時事通信

【花王】アスファルト改質剤を駐車場に初採用(原料に廃PET・耐久性5倍に)

香川県高松市の㈲生道道路建設です。

花王は廃材となるペットボトルを利用し、アスファルト改質剤を開発。

将来的に自動運転となった場合、車両は今よりも道路上の同位置を走行する可能性が高いため、わだち掘れなどの劣化の進行が早くなることが予想される。

そのため、アスファルト道路の耐久性を上げることに需要があることを想定している。

時事通信

【news】アスコン業界カーボンニュートラルの政府方針によるストアス絶対量不足を懸念

香川県高松市の㈲生道道路建設です。

アスファルト合材には、ガソリンなどを精製する過程で発生するストレートアスファルトを利用している。

一方で、2050年までに温室効果ガス排出量をゼロにする政府目標から、ガソリンなどの石油製品の精製量が現象すれば、それに応じてストレートアスファルトの製造量も減少する。

そうなると、アスファルト合材の価格、アスファルト道路の新設や修繕費用にも影響が出てくることになる。