【アスファルト舗装】タックコートについて

未分類

 

こんにちわ。

香川県高松市の㈲生道道路建設です。

本記事では、タックコートについて説明します。

 

【アスファルト舗装】タックコートについて

タックコートの施工方法と材料

タックコートは、散布する下層面の表面が乾燥していることを確認し、浮石、ごみなどの清掃を行った後に施工する。

タックコートには、通常、アスファルト乳剤(PK-4)を用いる。

散布量は一般に0.3~0.6リットル/㎡が標準である。

開粒度アスファルト混合物や改質アスファルト混合物を使用する場合などにおいて、層間接着力を特に高める必要のある場合には、ゴム入りアスファルト乳剤(PKR-T)を用いることもある。

 

タックコートの機能

タックコートは、舗設する混合物層と、その下層の瀝青安定処理層、中間層、基層との付着、及び継目部の付着をよくするために行う。

 

タックコートの施工上の留意点

① 寒冷期の施工

タックコートの寒冷期の施工や急速施工の場合は、瀝青材料散布後の養生時間を短縮するために、アスファルト乳剤を加温して散布する方法をとることがある。

また、アスファルト乳剤の所定散布量を2回に分けて散布する方法もある。

 

② アスファルト乳剤の希釈

タックコートの散布量が少ない場合は、均一性を確保するため、アスファルト乳剤を水によって2倍程度に希釈して散布する。

 

③ 降雨時の施工

施工中に降雨があった場合、アスファルト乳剤が流出する危険性があり、ただちに作業を中止する。

 

 

以上です。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

お仕事のご依頼はこちらからお気軽にお問合せください。

電話番号: 087-874-6843

FAX:   087-874-6845

お問合せフォームはこちら

 

↓弊社業務の施工事例です。

 

↓弊社HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

seidoublog
弊社は創業30年目の、香川県高松市にてアスファルト舗装業や一般土木工事を通してお客様に快適な生活を提供している会社です。お気軽にご相談ください。Twitter,Instagramやってます。フォローお願いします。HPはこちら→https://seidoudouro.com/ 【筆者保有資格】 1級土木施工管理技士・ガス主任技術者甲種・測量士補・2級管工事施工管理技士・危険物取扱者乙種第4類・2級ファイナンシャルプランニング技能士・日商簿記3級・ビジネス会計3級・ビジネス法務3級