【最新情報まとめ】5G(第5世代移動通信システム)に関する各社の動き

【最新情報まとめ】5G(第5世代移動通信システム)に関する各社の動き

こんにちは。

香川県高松市の㈲生道道路建設です。

本日は前回お届けした5Gについて、日本の携帯電話事業者各社の動きについて簡単に紹介したいと思います。

↓前回記事はコチラ

日本では元々2020年からのサービスを提供開始予定でしたが、2019年から前倒しでサービスが開始されると発表されています。

携帯電話事業者はどのようなバリューを顧客に提供する予定なのでしょうか。

 

NTTドコモ

NTTドコモは「ラグビーワールドカップ2019 日本大会」が開催される20199に合わせて、「都市部から地方まで、5Gの需要のあるところから、「プレサービス」を始める計画があるようです。

プレサービス後、2020年春から本格的に「商用サービス」をスタートする予定です。

プレサービスのイメージについて、「料金は徴収しない。端末は私どもから貸出するが、その台数は限られる」とのこと。

 

KDDI

KDDI 2019、一部エリアから5Gを開始し、高繊細映像配信、スタジアムソリューション、ドローン警備などを開始する計画です。

本格展開を始めるのはNTTドコモと同様、2020で、「4Gとの連携による本格展開」とし、大容量のモバイル・サービス、リモート・オフイス、遠隔操作などで実用化するとしています。

そのエリア展開について「首都圏だけではなく、多くの地域に整備する」と地方へのサービス展開に力を入れるとしています。

 

ソフトバンク

ソフトバンクも5Gのプレサービスを2019に始める計画です。

スタジアムの臨場感を360度のVR(仮想現実)で視聴体験できる5Gイベントを2019年夏以降に開催予定とのこと。

本格サービスが開始される2020には、多数接続を可能にするIoT(NR)でインフラの監視や超低遅延を生かした自動車や建設機械の遠隔操作サービスを実現したいとしています。

 

楽天

楽天は201910月に携帯電話事業に参入する予定で、KDDIの回線を借りることが出来るので参入当初から全国展開できるようです。

2026年までに自社の回線ネットワークを構築を目指しており、楽天は4Gネットワークの構築するにあたって5Gへの移行を視野に入れて、無線ユニットの追加とネットワークのソフトウエアのアップグレードだけで4Gから5Gへの素早い移行が実現可能としています。

その上で楽天は「2020年から5Gサービスを開始したい」と表明しています。

補足ですが、楽天は201910月開始予定の4Gサービスの料金について、サービス開始の「数カ月前」に発表する予定としており、楽天の参入で携帯電話事業の競争は更に激化しそうです。

 

携帯電話事業者以外では

大手キャリア以外では、各地域のケーブルテレビ(CATV)事業者が5Gシステムの導入に名乗りを上げています。

国内にはNTT東西の固定ネットワークを利用できないエリアも存在しており、そのようなエリアではCATV事業者のCATV網を活用してインターネット環境を得ている場合があります。

そのような地域にてCATV事業者による5Gの活用により、より多くのユーザーが高速インターネット環境を利用できるようになることは良い事だと思います。

 

海外では

アメリカでは201810より、5Gの運用が開始されているようです。

SamsungVerizon2019年前半にアメリカでG対応のスマートフォンを販売予定とのことです。

一方Apple2020年まで5G対応のスマートフォン(iphone)はリリースしないようです。

 

いかがでしたでしょうか?

海外では2019年には5Gのスマートフォンが販売されるということで、より身近な話題かと思います。

一方、日本国内では我々利用者にとって具体的にどんなサービスが提供されるのかまだまだイメージしにくい状況です。

Gのサービス利用料についても、各社とも『なるべく安価にしたい』とのことで、詳細な発表はまだ先のようです。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

お仕事のご依頼はこちらからお気軽にお問合せください。

電話番号: 087-874-6843

FAX:   087-874-6845

お問合せフォームはこちら

時事通信カテゴリの最新記事