【紹介】アスファルト舗装の補修工法について

【紹介】アスファルト舗装の補修工法について


こんにちは。

香川県高松市の㈲生道道路建設です。

アスファルト舗装にも寿命があり、ひび割れなど症状が酷くなってくると通行に危険が生じるようになってきてしまいます。

そこで、補修が必要な箇所には、適切な工法にて補修をする必要があります。

そこで、今日はアスファルト舗装の補修工法について紹介します。

ぜひご覧ください。

 

アスファルト舗装の補修工法について

アスファルト補修の補修工法には、構造的対策を目的としたものと、機能的対策を目的としたものがあります。

構造的対策は、主に全層におよぶ補修工法であり、機能的対策は主として表層の補修を行うものです。

なお、機能的対策の中には、予防的維持あるいは応急的に行う補修工法も含まれます。

 

補修工法の種類

①打替え工法

打替え工法は、既設舗装の路盤もしくは路盤の一部までを打ち換える工法

 

②局部打替え工法

局部打替え工法は、既設舗装の破損が局部的に著しいとき、表層、基層あるいは路盤から局部的に打ち換える工法。

一般に、表層、基層打替え工法やオーバーレイ工法の際、局部的にひび割れが大きい部分に併用する。

 

③線状打替え工法

線状打替え工法は、線状に生じたひび割れに沿って打替えを行う工法。

通常は、加熱アスファルト混合物層のみを打ち換える。

 

④路上路盤再生工法

路上路盤再生工法は、路上において既設アスファルト混合物層を現位置で破砕し、同時にこれにセメントや瀝青材料などの安定材と既設粒状路盤材料とともに混合して締固め、新たに安定処理路盤を構築する工法

 

⑤表層・基層打替え工法

表層・基層打替え工法は、既設舗装の表層または基層までを打ち換える工法

 

⑥オーバーレイ工法

オーバーレイ工法は3㎝以上15㎝以下の加熱アスファルト混合物層を既設舗装の上に舗設する工法。

局部的に不良個所が含まれる場合は、事前に局部打替え工法などを行ってから実施する。

 

⑦路上表層再生工法

路上表層再生工法は、路面性状や既設表層混合物の品質改善を目的として、現位置で既設アスファルト混合物層の加熱・かきほぐしを行い、新しいアスファルト混合物や再生用添加剤を混合して敷き均し、締固める工法。

この工法により、表層の再生が可能。

 

⑧薄層オーバーレイ工法

薄層オーバーレイ工法は、厚さ3㎝未満の加熱アスファルト混合物を既設舗装の上に舗設する工法

 

⑨わだちオーバーレイ工法

わだちオーバーレイ工法は、既設舗装のわだち掘れ部のみを加熱アスファルト混合物で舗設する工法。

主に摩耗などによってすり減った部分を補うもの。

 

⑩切削工法

切削工法は、路面の凸部などを切削除去し、段差や不陸を解消するために適用する工法。

オーバーレイ工法や表面処理工法の事前処理として実施される。

 

⑪シール材注入工法

シール材注入工法は、比較的幅の広いひび割れに注入目地材などを充填する工法。

予防的維持工法として用いられることもある。

 

⑫表面処理工法

表面処理工法は、既設舗装の上に加熱アスファルト混合物以外の材料を用いて、3㎝未満の封かん層を設ける工法。

舗装の寿命を延ばすために行う予防的維持工法として用いられる。

 

⑬パッチングおよび段差すり付け工法

パッチング工法:舗装面のポットホール、くぼみ、段差などを応急的に舗装材料で穴埋めしたり、小面積に上積みする工法

段差すり付け工法:パッチング工法と同様の材料を使用し、段差のすり付けを行う

 

いかがでしたでしょうか?

上記の工法は、アスファルト舗装の破損の程度に応じて適切に選定する必要があります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

お仕事のご依頼はこちらからお気軽にお問合せください。

電話番号: 087-874-6843

FAX:   087-874-6845

お問合せフォームはこちら

業務紹介カテゴリの最新記事