【アスファルト舗装の構造設計】路床の評価上の留意点(重要)

業務紹介

 

こんにちわ。

香川県高松市の㈲生道道路建設です。

本記事では、アスファルト舗装の構造設計について説明します。

 

アスファルト舗装の構造設計方法は、経験に基づく設計方法理論的設計方法に大別される。

経験に基づく設計方法の代表的なものにTA法があり、このTA法では、路床の支持力舗装計画交通量から必要とされる等値換算厚を求め、この等値換算厚を下回らないように舗装構成を決定する。

 

路床の評価上の留意点について

 

① 路床が深さ方向にいくつかの層をなしており、厚さ20㎝未満の層がある場合は、厚さ20㎝未満の層はCBRの小さい方の層に含めて計算し、CBRmを求める。

 

② CBR3未満の現状路床を改良して構築路床を設ける場合の改良厚さは、一般的な作業のできる路床での安定処理の場合、30~100㎝の間で設定する。

 

③ 改良した層のCBRの上限は20とする。自然地盤の層については、CBRの上限は設けない

 

④ CBRが3未満の現状路床を改良した場合、その改良した層厚から20㎝減じたものを有効な構築路床の層として扱い。

改良した層の下から20㎝の層は、安定処理の場合は安定処理した層のCBRと現状路床土のCBRとの平均値をその層のCBRとし、置換えの場合は現状路床土と同じCBRとして計算を行う。

 

⑤ 置換え材料のCBRは、本来、CBR試験によって評価すべきであるが、良質な盛土材料や砕石等の粒状材料を使用する場合は、その材料の修正CBRによって評価してよい

この場合、修正CBRを求めるための所要の締固め度は、使用する箇所で実際に確保できるものでなければならない。

一般には締固め度90%とする。なお、修正CBRが20以上の場合は、20とする。

 

⑥ CBRmの計算は、通常、路床が上部ほど高いCBRを示している場合に適用することができる。

路床の上部と下部と比べ極端に弱い層がある場合は、舗装構造はこの影響をうけることになるのでCBRmを用いてはならない。

このような場合は、全層を弱い層として考えるか、または、その層を安定処理するか、良質な材料で置き換えて計算する。

 

⑦ 舗装構造は、少なくとも200mの区間は変えないように設計するのが望ましい。

 

 

 

以上です。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

お仕事のご依頼はこちらからお気軽にお問合せください。

電話番号: 087-874-6843

FAX:   087-874-6845

お問合せフォームはこちら

 

↓弊社業務の施工事例です。

 

↓弊社HP