【キャッシュレス決済の種類は?】それぞれの特徴を紹介します

【キャッシュレス決済の種類は?】それぞれの特徴を紹介します

こんにちは。

香川県高松市の㈲生道道路建設です。

スーパーやコンビニのレジで表示されているキャッシュレス決済の種類の多さに驚愕したことはないでしょうか?

クレジットカードだけでも様々な会社があり、それに加えEdyApple Payなど、本当に多くの種類があります。また、種類によって特徴も違います。

本日は、その特徴について見ていきたいと思います。

ぜひご覧ください。

 

↓関連過去記事

 

 

【キャッシュレス決済の種類は?】それぞれの特徴を紹介します

    前払い方式のキャッシュレス決済

・楽天Edy

WAON

nanaco

Suica

PASMO

前払い方式のキャッシュレス決済には上記のようなものがあります。

前払い方式のキャッシュレス決済は、事前に入金した金額しか使用できません。

よって、入金した金額以上は使えないので使い過ぎることがないですし、もし盗難にあったとしても被害が最小限で済むメリットがあります。

デメリットとしては、残高が無くなるたびにチャージしなければならないので手間がかかります

なお、クレジットカードと連携させることができるので、残高が無くなった際はオートチャージできる機能もあります。

 

    後払い方式のキャッシュレス決済

・各クレジットカード(VISAJCBAmerican ExpressMastercardDiners Clubなど)

iD(アイディ)

QUICPAY(クイックペイ)

後払い方式のキャッシュレス決済には上記のようなものがあります。

後払い方式のキャッシュレス決済では、1カ月間に利用した分が決められた日時に引き落とされます。

基本的にはクレジットカードの登録口座に残っている残高分以上は使えないですが、引き落とし日までに銀行口座に引き落とされる額以上のお金が残っていればいいので、買い物をする時点でお金が無くてもクレジットカードを使えば購入できます。

極論を言うと、お金を持っていなくても買い物ができます

よって、お金の管理を十分に行い、使い過ぎには十分注意する必要があります

これで破産する人もいるくらいです。

なお、クレジットカードはクレジットカードを持つ人の信用力で持てるか持てないかが決まります。

よって、収入が無かったり、極端に低い人はクレジットカードの審査に通ることが難しいケースがあります

ところで、クレジットカードを使う時は、店員にカードを差し出し、必要によってはサインをする必要があります。

しかし、iDQUICPAYはスマートフォンにクレジットカードを登録しておけば、専用の端末にかざすだけで決済ができます。

クレジットカード差し出す必要もサインをする必要もなく、とてもスマートです。

また、クレジットカードを無くしたり、盗み見られたりするリスクからも解放されます。

 

    即時支払い方式のキャッシュレス決済

・デビットカード

即時支払方式のキャッシュレス決済にはデビットカードがあります。

デビットカードはキャッシュレス決済時に登録してある銀行口座から即時に引き落とされる方式です。

よって、銀行口座の残高以上に使用することができないため、前払い方式と同様に使いすぎることがありません

また、銀行口座を持っている人であれば基本的に誰でも作ることができます

デメリットとしては、デビットカードを使える店舗がそんなに多くないということ。

そして、銀行残高がどのくらい残っているか把握しておかなければならないということです。

もし、銀行残高が0であればデビットカードでキャッシュレス決済は出来ません。ここがクレジットカードと違う点です。

 

いかがでしたでしょうか?

現金を持たない生活を経験すると、非常に快適であることに気づきます。

現金が無くなるたびにATMに行く必要がなくなるので無駄な時間を使わずに済み非常に高い手数料を払う事もありません。

支払いも非常にスマートで素早いです。

一方で、どの程度使っているかは常に把握する必要があるので、ご自身の生活や性格にあった種類のものを選択する必要があります。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

お仕事のご依頼はこちらからお気軽にお問合せください。

電話番号: 087-874-6843

FAX:   087-874-6845

お問合せフォームはこちら

時事通信カテゴリの最新記事