【ヨーロッパ】ベルギーとはどんな国か?

【ヨーロッパ】ベルギーとはどんな国か?

こんにちは。

香川県高松市の㈲生道道路建設です。

前回までは、ポーランドやバルト三国など東欧や北欧の国を紹介しました。

これらの国は、どちらかというと経済規模も小さく物価も安い国々です。

ヨーロッパの主要国は西欧に位置する国々で、その中でもベルギーはEUの主要機関の多くが置かれており『EUの首都』とも呼ばれています。

本日はベルギーについて紹介したいと思います。

ぜひご覧ください。

 

正式名称

ベルギーの正式名称はベルギー王国です。

英語の表記は、Kingdom of Belgiumですので、外国人にベルギーと言っても全く持って通じませんのでご注意ください。

ベルギーは西ヨーロッパに位置する連邦立憲君主制国家で、首都はブリュッセルです。

 

面積

ベルギーの面積は30,528km2で世界136位です。

これは日本の九州程度の面積です。

なお、日本の国土面積は約38km2で、世界で62位となります。

北部のフランデレン地域は平野が広がっているのに対し、南部のワロン地域は丘陵地帯が多いです。

 

人口

ベルギーの人口は2017年時点で約1,135万人で世界76位です。

一方、日本の人口は2017年で約12,600万人です。

首都のブリュッセルは人口が100万人を超えており大都市となっています。

 

言語

ベルギーの公用語は一つではなく、公用語はオランダ語、フランス語、ドイツ語の3つです。

3つの内訳としては、周辺国の位置に関連していて下記のようになっています。

【北部のフランデレン地域】

・オランダ語

・その他にフランス語や英語を習得している

・全体の60%程度

【南部のワロン地域】

・フランス語

・この地域では英語がほとんど通じないらしい

・全体の40%程度

【北東部】

・ドイツ語

・全体の1%未満

 

経済の動向

ベルギー国内ではユーロが流通しています。

現在、1ユーロは約126円です。

ベルギーのGDPは、2017年で約4,927億USDです。(日本は同年で4.9兆USDです)

これは、日本の九州全体のGDPくらいの経済規模です。世界の国々のGDPを見ていると、いかに日本の経済規模が巨大かが分かりますね。

なお、ベルギーのGDPの成長率は2017年で約1.7%です。

1人当たりのGDPは2017年で約43,582ドルで、世界的にも上位に位置します。

その他をまとめます。

・首都ブリュッセルには欧州委員会などのEUの主要な機関が置かれており、EUの首都に当たる性格を帯びている

・製造業を中心に豊かな資本力を誇るものの、小国のため貿易への依存が高い

・貿易依存度は、輸出約87%、輸入約81%とヨーロッパ域内で最も貿易に依存した経済であるとも言える

・日本ではチョコレートやワッフルなど、加工菓子の産地として知られる

・日本からは2015年時点で250社程度が進出している

・在留邦人は約6,000人で、欧州の中でも上位

・世界シェアの高い工業製品は、世界第7位のプラスチック、第8位のスズ

・その他、石油化学、非鉄金属、自動車、繊維、食品とバランスが取れている

・北部と南部で経済格差があり、北部の方が南部より裕福である

 

いかがでしたでしょうか?

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

お仕事のご依頼はこちらからお気軽にお問合せください。

電話番号: 087-874-6843

FAX:   087-874-6845

お問合せフォームはこちら

Researchカテゴリの最新記事