【コロナ緊急支援対策】テレワーク導入の助成金について

Research

 

こんにちわ。

香川県高松市の㈲生道道路建設です。

コロナウイルスにより影響を受けている企業や個人に対しての、様々な経済対策が打ち出されています。

本記事では、テレワーク導入の助成金について紹介します。

本助成金は、中小企業が受け取れるお金になります。

交付申請期限が、今月末の5月29日までのため、該当する場合は早めの申請が必要です。

 

テレワーク導入の助成金

概要

「働き方改革推進支援助成金」に新型コロナウイルス感染症対策を目的とした取組を行う事業主を支援する特例コースをが時限的に設けられた。

令和2年2月17日以降の取組について

・ 受け入れている派遣労働者がテレワークを行う場合も対象とします。

・ パソコンやルーター等のレンタル・リースの費用(※)も対象とします。

※事業の実施期間内(5月31日まで)の経費であり、かつ、同日までに支出されたものに限る

 

対象事業主

新型コロナウイルス感染症対策としてテレワークを新規で導入する中小企業事業主。

試行的に導入している事業主も対象となる。

 

<対象となる中小企業事業主>

労働者災害補償保険の適用中小企業事業主であること。

 

助成対象の取組

 ・テレワーク用通信機器の導入・運用

 ・就業規則・労使協定等の作成・変更

 ・労務管理担当者に対する研修

 ・労働者に対する研修、周知・啓発

 ・外部専門家(社会保険労務士など)によるコンサルティング 等

 

 ※ シンクライアント端末(パソコン等)の購入費用は対象となるが、 シンクライアント以外のパソコン、タブレット、スマートフォンの購入費用は対象とならない。

ただし、レンタルやリースついては、5月31日までに利用し、支払った経費については対象となる。

派遣先である場合、派遣労働者も対象となる。

ただし、その派遣労働者を雇用する派遣元事業主が、その派遣労働者を対象として同時期に同一措置に付き助成金を受給していない場合に限る。

 

主な要件

 事業実施期間中に

 ・助成対象の取組を行うこと

 ・テレワークを実施した労働者が1人以上いること

※少なくとも1人は直接雇用する労働者であることが必要

 

助成の対象となる事業の実施期間

令和2年2月17日~5月31日

 

支給額

補助率:1/2(1企業当たりの上限額:100万円

 

申請期限

交付申請:令和2年5月29日(金)

支給申請:令和2年7月15日(水)

 

↓【リーフレット】

www.mhlw.go.jp
 
https://www.mhlw.go.jp/content/11909000/000625872.pdf
https://www.mhlw.go.jp/content/11909000/000625872.pdf

 

以上です。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

お仕事のご依頼はこちらからお気軽にお問合せください。

電話番号: 087-874-6843

FAX:   087-874-6845

お問合せフォームはこちら

 

↓弊社業務の施工事例です。

 

↓弊社HP