【アスファルト表層・基層用素材】瀝青材料について

【アスファルト表層・基層用素材】瀝青材料について

こんにちわ。

香川県高松市の㈲生道道路建設です。

原油の蒸留によって得られるアスファルトを石油アスファルトと言います。

このうち、舗装用に用いる針入度40~120のもの舗装用石油アスファルトと言います。

本記事では、アスファルトについて解説します。

本記事を読めばアスファルトに関する知見が深まるでしょう。

ぜひ参考にしてください。

 

アスファルト表層・基層用素材について

瀝青材料について

瀝青材料と主な用途は下記の表の通りです。

瀝青材料の種類と主な用途

種類 用途
舗装用石油アスファルト 加熱アスファルト混合物
改質アスファルト 加熱アスファルト混合物
トリニダットレイクアスファルト(天然アスファルト) アスファルトの改質材
石油アスファルト乳剤 常温アスファルト混合物

タックコート

プライムコート

シールコート

 

天然アスファルトとは、天然に産出するアスファルトであり、産出状態によりレイクアスファルト(レーキアスファルト)、ロックアスファルト、サンドアスファルト、アスファルトタイトなどに分類されます。

 

①レイクアスファルト(レーキアスファルト)

低い部分に湖のようにたまったアスファルトで、代表的なものに中米カリブ海のトリニダット島のアスファルト湖から産出されるトリニダットレイクアスファルトがある

 

②ロックアスファルト

アスファルトが多孔質の岩石(石灰岩、砂岩等)にしみ込んで出来たアスファルト

岩石上で産出される

 

③サンドアスファルト

アスファルトが砂(砂中)にしみ込んで出来たアスファルト

 

④アスファルトタイト

天然石油が岩石の割目などにしみ込んで長い年月を経て熟変成を受け、アスファルトに変質したもの

 

 

以上です。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

お仕事のご依頼はこちらからお気軽にお問合せください。

電話番号: 087-874-6843

FAX:   087-874-6845

お問合せフォームはこちら

 

業務紹介カテゴリの最新記事