【外国人雇用】外国人雇用のメリットとデメリット

【外国人雇用】外国人雇用のメリットとデメリット

こんにちわ。

香川県高松市の㈲生道道路建設です。

日本は、少子高齢化社会を見据え外国人雇用の門戸を広げていくことになります。

今までは、専門的・技術的に高度な分野でしか外国人雇用を受入れていませんでしたが、今後は単純労働の分野でも外国人雇用が広がっていきます。

一方で、外国人労働者を受け入れるにあたって、法律面の理解や外国文化等への理解など、押さえておくべき課題は多々あるように思います。

本記事では、それらをピックアップしていきたいと思います。

 

【外国人雇用】外国人雇用のメリットとデメリット

外国人雇用増加の背景

・日本の労働人口の減少

・少子高齢化社会

・製造業、小売り、飲食店、建設現場などでの深刻な人手不足

・国内市場だけでなく、海外市場を見据えた事業展開のため

 

外国人雇用の課題

上記のような背景がある一方で、取り組んでいかなければならない課題もあります。

 

不法就労者の増加

不法就労者が、日本の風紀、治安等に係る様々な問題を引き起こすケースもあり、外国人犯罪の温床になるとも言われている。

また、不法就労者が劣悪な環境下での労働を強いられるなどの被害に遭うケースも多く、外国人保護の観点からも問題になっている。

 

外国人への特別な配慮が必要

外国人雇用は、企業側に異文化に対する理解が求められる。

外国人労働者との間で、十分な意思疎通をしていなかったためにトラブルになるケースも発生している。

 

よって、外国人労働者を受け入れるために、企業が社内体制をどのように整備し、いかに有効活用していくかが課題であると言えます。

 

外国人雇用のメリットとデメリット

メリット

・建設業や製造業など、人材が不足している業種において労働力を補完できる

・国内市場の成熟から、海外市場に進出する企業が増加してきている。このような国際化に対応するために各国の文化に精通し、高い語学力を有する外国人への期待は大きい

・日本だけが優れているのではなく、外国にも優れた人材は多くいる。そのような高度な技術、技能を有する外国人の確保ができる

・異文化の人材を導入することにより、日本人にはない発想を期待できること、それらに日本人が刺激をうけるなど、企業活動の活性化が期待できる

・外国人労働者の受入れにより、国際交流が推進され、国際的な経済活動の基盤になる

 

デメリット

・外国人労働者を受け入れるまでに、社内体制の導入や整備などに時間を要す(日本人雇用とは異なる手続きや配慮などが必要)

・日本文化や習慣の違いによる、摩擦が発生する可能性

不法就労、犯罪の増加

日本人雇用機会の減少

 

 

いかがでしたでしょうか?

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

お仕事のご依頼はこちらからお気軽にお問合せください。

電話番号: 087-874-6843

FAX:   087-874-6845

お問合せフォームはこちら

 

 

外国人雇用カテゴリの最新記事