【舗装の構造に関する技術基準】設計について

業務紹介

 

こんにちわ。

香川県高松市の㈲生道道路建設です。

本記事では、舗装の構造に関する技術基準の設計について説明します。

 

舗装の設計期間

舗装の設計期間は、当該舗装の施工および管理にかかる費用、施工時の道路交通および地域への影響、路上工事の計画などを総合的に勘案し、道路管理者が定める

 

 

舗装計画交通量

【一方向2車線以下の道路の場合】

大型自動車の方向別の日交通量のすべてが1車線を通過するものとして、当該道路管理者が算定する。

 

【一方向3車線以上の道路の場合】

大型自動車の方向別の日交通量の70%以上が1車線を通過するものとして、各車線の大型自動車の交通分布状況を勘案し当該道路管理者が算定する。

 

 

舗装の性能指標の設定

① 舗装の設計前に、地質・気象の状況、交通状況、沿道の土地利用状況などを勘案して、当該道路の性能指標とその値を定める。

 

② 舗装の性能指標の値は、原則として施工直後の値とする。

 

③ 舗装の性能指標の値は、②だけでは性能の確認が不十分な場合においては、必要に応じて供用後一定期間を経た時点の値を定めることができる。

 

 

 

以上です。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

お仕事のご依頼はこちらからお気軽にお問合せください。

電話番号: 087-874-6843

FAX:   087-874-6845

お問合せフォームはこちら

 

↓弊社業務の施工事例です。

 

↓弊社HP