【道路状況の紹介】エストニア・タリン

【道路状況の紹介】エストニア・タリン

こんにちわ。

香川県高松市の㈲生道道路建設です。

以前、エストニアについて紹介しました。

 

 

ワルシャワやヴィリニュス・リガについても同様に道路について紹介していますが、繰り返します。

ブログやYouTubeなどでは、グルメや観光スポット、ホテルや移動方法などの情報が紹介されていると思います。

そういう情報も非常に素晴らしいですが、今日は趣向を変えてタリンの『道路』をただただ紹介したいと思います。

エストニアの首都タリンの旧市街は世界遺産にも登録されており、日本の街並みではほとんど見る事がない石畳風景は綺麗です。

ニッチな人向けの記事ですが

・タリン歩きの時の靴選びの参考になる

・街づくりのデザインの参考になる

・道路状況を知り、とてもじゃないがスーツケースを引っ張って歩けない場合があることを知れる

・移動方法の選択やホテルの場所選びの参考になる

など、実は計り知れない効果があるのではないかと思っています。

是非、ご覧ください。

 

【道路状況の紹介】エストニア・タリン

【タリン旧市街内のあれこれ】

タリン旧市街内の道路は、ほぼ石畳でバリエーションも豊富で景観が非常に素晴らしいと思います。

バルト三国の旧市街内では、アスファルト道路はほとんど見ませんでした。

一方で、タリン旧市街内の石畳は溝がとても深いので歩きやすさでいうと、歩きにくいと思います。

よって、スニーカーなど足が疲れない靴を選んだ方が良いでしょう。

旧市街内に多くのホテルがありますが、スーツケースを引っ張るのは困難です。

ホテル選びの際の立地には注意が必要です。

タリン旧市街に近いトラム停車場からホテルに行く際、これら石畳の道路を歩くことになるので大変です。

また、タリン旧市街は坂道も多いのでホテルの場所によっては、たどり着くまでが大変になってしまいます。

なお、タリンではUberが使え、かつ料金もそこそこ安いのでお勧めです(2019年4月)。

空港からタリン旧市街ホテルまで大体6ユーロくらいです。

トラムでも2ユーロなので、労力を考えるとUberの方が良いと感じます。

 

【旧市街内歩道】

タリン旧市街内の歩道は、綺麗な箇所もあれば細い箇所、少し壊れている箇所などもあり様々です。

歩く分には問題ないですが、スーツケースを引っ張るのは大変です。

 

いかがでしたでしょうか?

世界遺産に登録されているだけあって、景観に気を付けていることが分かります。

景観と走行性はトレードオフなので致し方ないのでしょう。

なお、旧市街内を離れるとアスファルト道路はもちろんあります。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

お仕事のご依頼はこちらからお気軽にお問合せください。

電話番号: 087-874-6843

FAX:   087-874-6845

お問合せフォームはこちら

Researchカテゴリの最新記事