防水材料とその他の舗装用素材について

防水材料とその他の舗装用素材について

こんにちわ。

香川県高松市の㈲生道道路建設です。

舗装用の様々な素材や材料について紹介しています。

本記事では、防水材料と今まで紹介した以外の舗装用素材について説明します。

ぜひ参考にしてください。

 

防水材料とその他の舗装用素材について

防水材料について

床版上に設置し、コンクリート床版・鋼床版の耐久性を向上させる目的で用いる。

 

シート系、塗膜系、舗装系の材料があり、次のように分類される。

【シート系】

・ゴムアスファルト系材料

・樹脂系材料

・ゴム系材料

 

【塗膜系】

・改質アスファルト系材料

・樹脂系材料

 

【舗装系】

・シートアスファルト混合物

 

 

その他の舗装用素材

構築路床・路盤を補強する目的で、発泡スチロールジオテキスタイルなどを用いることがある。

これらの材料には様々なものがあり、使用する際は、材料の特性、使用方法、目的とする性能などを検討して適用する。

 

①発泡スチロール

軽量性、自立性に優れた特徴を持つ。軽量盛土や軟弱地盤が厚く、交通開放後の沈下が予想される箇所に用いられる。

 

②ジオテキスタイル

軟弱地盤の安定化、盛土の補強などに用いられる。

ジオテキスタイルは、合成樹脂から製造されるもので、次のようなものがある。

・シート

・グリッド不織布

・瀝青材料を浸透させたもの

 

 

以上です。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

お仕事のご依頼はこちらからお気軽にお問合せください。

電話番号: 087-874-6843

FAX:   087-874-6845

お問合せフォームはこちら

業務紹介カテゴリの最新記事