【Uber最強】ワルシャワ市内での移動方法

【Uber最強】ワルシャワ市内での移動方法

こんにちわ。

香川県高松市の㈲生道道路建設です。

前回、ワルシャワショパン空港から市内までの鉄道での移動方法について解説しました。

 

 

鉄道やバスは安くて便利なのですが、駅や停留所から宿泊先まで距離があったりすると心が折れそうになります。

タクシーだと割高になってしまいますが、ワルシャワではUberが使えます!安い!

そこで本日はUberについておさらいしたいと思います。

ぜひご覧ください。

 

【Uber最強】ワルシャワ市内での移動方法

Uberとは?

Uber(ウーバー)は、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリである。現在は世界70カ国・地域の450都市以上で展開している。

Uberは、アプリを携帯電話にダウンロードしておくだけで世界中の国々で使えるので大変便利です。

Uberにはソフトバンクやトヨタなどが出資しており、配車アプリとしての形だけでなく、今後の完全自動運転社会への実現に向けて舵を切っている企業でもあります。

 

Uberを使うメリット

Uberを使うメリットは、以前紹介したGrabとほぼ同じです。

 

↓Grabについてはこちら

 

メリットをおさらいすると

・事前にクレジットカード払いに設定しておくことで、クレジットカード払いが可能

・目的地を入力することで、乗車前に料金が分かる

・目的地までの到着時間の目安も分かる。ドライバーが迎えに来てくれる時間も分かる

・料金はクレカ払いなので、ドライバーとお金のやり取り不要

・ドライバーと会話をしたくなければ話さなくても良い

・目的地を指定してタクシーが迎えに来るので乗車拒否をされない

・レシートをメールで受け取れるため安心

タクシーだと言葉が通じなかったり、行先が本当に伝わっているのか?ぼったくりにあうのではないか?などの不安があるかもしれませんがUberではそれらがありません。

日本でも浸透して欲しいサービスなのですが、規制が厳しく現状では実現はほぼ不可能です・・・

よって、海外に行く場合は、UberとGrabの登録は必須です。

 

ワルシャワでのUberの価格は?

ワルシャワショパン空港から市内まで、バスや鉄道では約130円で行くことが出来ます。

これは安いので、何としても交通費を安くしたい人はこれらの移動方法を選択すると良いでしょう。

しかし、スーツケースなどの荷物が多い人や、数人で行動しているグループはUberはお勧めです。

ちなみに、ワルシャワ市内の宿泊施設から空港までUberを利用した場合の料金は、24.4ズロチ(約730円)でした。

駅までの移動や切符を買う手間などを考えると、Uberの方が総合的に見て効率的だと感じます。

もし、3人で行動しているグループがあれば1人あたりたったの240円ほどです。

Uberのドライバーも、そこそこ多く配車依頼から数分で迎えに来てくれます。

ワルシャワ市内から空港まで約30分弱なので、安いし移動時間も短いです。

 

いかがでしたでしょうか?

ポーランドは物価が安く、かつUberの料金も安いです。

移動の際は、バスや鉄道の他にUberも選択肢に入れてみるのもおすすめです。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

お仕事のご依頼はこちらからお気軽にお問合せください。

電話番号: 087-874-6843

FAX:   087-874-6845

お問合せフォームはこちら

節約術カテゴリの最新記事