【コンクリートのひび割れ】ひび割れの種類

【コンクリートのひび割れ】ひび割れの種類

こんにちわ。

香川県高松市の㈲生道道路建設です。

コンクリートのひび割れの種類についてご存知でしょうか?

この記事では、コンクリートのひび割れの種類について紹介します。

よって、記事を確認することでコンクリートのひび割れの種類について理解が深まるでしょう。

ぜひ参考にしてください。

 

【コンクリートのひび割れ】ひび割れの種類

ひび割れの種類としては、主に3種類あります。

 

①鉄筋腐食先行型

鉄筋コンクリート構造物などで鉄筋腐食が進行した結果生じたひび割れで、中性化塩害などによって鉄筋に腐食が生じる。

その腐食の進行に伴い、かぶりコンクリートがひび割れ、その後、短期間のうちに、かぶりコンクリートが剥落に至るもの。

 

②ひび割れ先行型

①と同様に鉄筋腐食を促進させる原因となるひび割れ。

何らかの原因で生じたひび割れが鉄筋位置に達し、そのひび割れから劣化因子が侵入することで鉄筋の腐食が進行する。

 

③劣化ひび割れ

コンクリート自体の劣化を表す進行性のひび割れ。

コンクリート自体の組織が緩み強度低下が生じるもので、放置すると部材の崩壊へとつながる恐れがあるため、劣化自体が生じないように対策する必要がある。

 

【劣化ひび割れの原因について】

①アルカリシリカ反応によるひび割れ

鉄筋による拘束力が小さい場合は網状のひび割れ、大きい場合は柱や梁の軸方向のひび割れが発生する

 

②凍害によるひび割れ

温度変化や融雪水の影響を受ける部分に発生しやすく、放置しておくと確実に進行するため、補修や交換処置が必要

 

③疲労によるひび割れ

繰返し荷重の影響によりひび割れから剥落へとつながり

一方向のひび割れ → 格子状のひび割れ → ひび割れの網細化、貫通 → コンクリートの剥落 → 床板の陥没

へと進行する

 

 

以上です。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

お仕事のご依頼はこちらからお気軽にお問合せください。

電話番号: 087-874-6843

FAX:   087-874-6845

お問合せフォームはこちら

 

業務紹介カテゴリの最新記事